「三井住友カード GD選考会」感想

 二週間をかけて、やっと三井住友カードの選考会が来た。就職に関する初めての活動と言え、緊張する気持ちより期待する気持ちが多かったと思う。GDには全然経験がないので、覚悟もちゃんと持って行った。

 

 東京本社が港区にある立派な建物にあり、本当に立派とは言える。ビルに入る前に、一階のセブン・イレブンで天然水をiDで買った。本当にキャッシュレス化の生活が好きなので、ほぼ毎日クレジットカードと電子マネーで決済している。これからも続けていくと思う。

 

 2時間の選考会と言われたけれど、実際のGD選考は20分しかなかった。ほかの時間は会社事業の説明と人事部社員の座談会であった。やはり説明会に結構興味を持っており、一生懸命ノートをとっていた。今から見ると、多分ノートを取り過ぎかもしれない。GDには、あまり話をかけないテーマであった。流行語というテーマで、ニュースとドラマをあまり見ていない私にとって、結構難しいテーマと思う。経験としては、これからもっと日常生活や出来事に関心を入れたほうがいいと思う。今から準備すれば間に合うと思う。

 

 選考会にいい成績を出せなかったため、最後の座談会も全然喋らなかった。反省点がいっぱいある。ほかの日本人学生の質問からは、大体は仕事に関することであり、会社に事業についてはこちらのグループは一つもしなかった。私の考え方と全然違う。

 

 5-daysインターンシップに合格する気も全然失ったので、1-dayインターンの抽選に期待している。私はやはりこの会社が好きであり、来年の本選考にも頑張りたいと思う。

「三菱UFJニコス 1-dayインターンシップ」初日参加感想

 7月1日土曜日、日本で初めてインターンシップを参加した。会社は業界No.1と言われている「三菱UFJニコス」である。

 

 日本に来る前に、人生初めてのクレジットカードを作った。そして、日本に来てからも、日本の色々なカードに惹きつけられ、日本のクレジットカードに興味を持つようになった。2015年の7月に日本に来て、まさに8月で1枚目のカードが発行された。それはKDDIとニコスが提携して発行したカードである。その時はちょうど運が良くて、ニコスの審査に通過した。それも今回のニコスのインターンシップを参加する契機の一つかもしれない。

 

 1-dayインターンというのは、ほとんどの会社が自社事業の紹介を目的としてやっているんだが、ニコスが自社紹介をやりながら、学生たちに経営ゲームもやらせてた。ゲームについて詳しい内容はネットで載せるのが良くないから、ここで省略する。ヒントはニコスがやっている事業に関わっている。やはり業界研究が非常に重要である。ワークショップの形式で、日本人の学生たちと一緒にワークをやって問題を解決し、非常におもしいと思った。最後は優勝を得なかったが、ニコスに関しては色々勉強になった。それでも非常に満足した。次の5daysインターンも応募して挑戦しようと思う。ただ選考があるため、入れるかどうかは自分の頑張り次第である。とりあえず、頑張る!

 

 今日のインターンに参加したのは本当に良かった。